どっコラボ
すぐに本文へジャンプ
ここから本文

■■ ネットの省エネ ■■

この投稿は 2018 年 5 月 16 日 水曜日 10:21 PM に 寄り道 カテゴリーに公開されました。

インターネットに流れる情報はどこかのコンピュータに保管されているわけですが、
保管専用のコンピュータが並んでいるところが、「データセンター」と呼ばれるところです。
膨大な数のコンピュータが並んでいるので、当然「熱い」ですよね。
コンピュータが熱を出しますから。
これを冷やすのが「エアコン」ですが、この電気代が相当なものだそうです。
そこで、
データセンターのエアコンを効率よく可動させるためにA.I.の出番だそうです。
うーん、自分を磨くために頭を使うような感じですね。
人間だけでなく、コンピュータも自分の健康を考える時代なのかな、なんで考えてしまいました。

■■ 情報リテラシー ■■

この投稿は 2018 年 5 月 9 日 水曜日 10:16 PM に 寄り道 カテゴリーに公開されました。

インターネットの広がりで、私たちの触れる情報は爆発的にふえました。
その情報は玉石混交、そして自分もたくさんの情報を発信できるようになりました。
若年層ではネットでニュースを読む人が増えているという情報もあります。
「リテラシー]とは読み書き能力という意味で、情報リテラシーというときは
様々な情報を理解して使いこなせる能力といった意味になります。
ネット上に伝わってくる情報の性質を理解して必要なものだけを正確に得るといった
能力が求められているのかも知れませんね。

■■ A.I.と憲法の問題 ■■

この投稿は 2018 年 5 月 2 日 水曜日 9:53 PM に 寄り道 カテゴリーに公開されました。

最近盛んに登場するA.I.(人工知能)。
これが憲法に関係する問題があるという記事がありました。
個人の趣味・嗜好・健康状態をA.I.が予測することに関するものだそうです。
大量のデータを学習できるA.I.はその学習結果をもとに、個人のいくつかの情報を
得てプライバシーに関することを予測できるというのです。
実際に買物サイトから、好みの商品が「おすすめ」として紹介された経験はあるのでは
ないでしょうか。
この様に個人の情報を予測する技術を「プロファイリング」といいます。
このプロファイリングが個人の能力や特性を事前に判断してしまったり、
予測した特性をもとに、タイミングを見計らって広告を打ったり、
個人の嗜好に即した情報のみが配信されるようになるといったことが
格差や対立につながるといった議論があるようです。
A.I.はすでに生活を便利にしてくれています。しかしいろいろな議論の余地が
あるということも忘れないようにしなければならないようです。

■■ ツイッターとAI ■■

この投稿は 2018 年 4 月 30 日 月曜日 10:14 PM に 寄り道 カテゴリーに公開されました。

140文字のニミブログと言われる、「ツイッター」。
最近は個人のつぶやきだけでなく、政治の世界でも注目されているようです。

もともと匿名のつぶやきでしたから、本人かどうかわからないし、悪口や偽りの情報も流れやすいと
利用者が減ってきていたのが、だいぶ利用者数が回復しているということです。

その切り札がAI(人工知能)。

本人確認はできないものの、悪質な投稿者(アカウント)を停止したり、再び登録できないようにしているとのことです。
うーん、匿名とは言いながら、半分は個人特定されているのです、ね。

利用者の安全安心ということではありますが、難しい問題なのですね。

■■ 情報の流出 ■■

この投稿は 2018 年 4 月 23 日 月曜日 10:03 PM に 寄り道 カテゴリーに公開されました。

最近何十万件という規模で企業の所有している情報が流出したというような事件(事故)が起きているように思います。
おもにサイバー攻撃によって、企業が使っているソフトの弱いところを破られているということです。

個人は企業のサイトの会員になるために個人情報をホームページ上で入力すると、ホームページ(を構成するソフト)がデータベースにその情報を蓄えます。したがって、ソフトに弱いところがあると、データベースに介入されて盗まれてしまうというわけです。

入り口は出口にもなりうるというなんともやりきれない問題ですね。
利用者個人もある程度このような事は「あり得る」と考えて防衛策を考えることが必要なのかもしれません。