どっコラボ» ブログアーカイブ » 着脱式電池
すぐに本文へジャンプ
ここから本文


着脱式電池

東南アジアの電動バイクで、着脱式の電池方式が出てくるようです。
電力インフラが十分でない国でも電気自動車、電動バイクへのシフトは進みます。
むしろ、電線が来ていないところでもバイクから電池を外して照明が点く、ということになるようです。
ステーションでは電池ごと交換できるようにするとのこと。充電時間も考えなくて良いですし、考えたものです。
先進国のEVシフトでも、着脱式電池は選択肢の一つになりうるのではないでしょうか。とりあえず、ポン!とはめれば50km走る、となれば、お手軽ですよね。
あらゆるところで電力が作られ運ばれる、そんな時代は近いかもしれません。