~ 一般ページ
AI,IoT,カメラ技術の発達で、無人のお店を作れるという考えは以前からありました。 今は、お店にはレジがあり、そこで商品に張り付いているバーコードを読み込むことで正確な 価格や売上の管理ができるようになっています。 バーコードを読み込むことを店員ではなく客自身が行うセルフレジというのもできています。 無人化に近づいているような感じですね。 レジの役割というのは、商品の所有者をお店からお客に移し、お金をお客からお店に移すという ものです。このようにはっきりとしたゲート(門)があるので、私達は「買った」という意識が 起きるように思います。 amazonの無人AIコンビニというのが昨年話題になりました。 お店に入るときに認証すれば、中で自由に商品を選び、自分のバッグに入れてそのまま店を 出ることができる、というものです。もちろん、店に店員はいません。 店から出るときに、緊張してしまいそうです。。