~ 一般ページ
IoT(モノのインターネット)が普及してくると、様々なものがインターネットにつながり、それぞれが直接通信したり、近くにある中継点と通信したりするようになります。 インターネット通信をするためにはモノに搭載されたセンサーなどの装置の他に、小さなコンピュータとそれを動かすプログラムが必要になります。このプログラムがインターネットを通して書き換えることができることを悪用したサイバー犯罪がふえて来ることが危惧されます。 安全に、そして便利に使うことができるように、モノを守ることとそれを使う私たちも意識を持たなければならない時代になったと感じます。