~ 一般ページ
サイバー攻撃とか、サイバー防衛などという言葉は時々耳にすることはあっても他人事のように聞こえていませんでしたか。 サイバー防衛というのは、インターネットサービスを悪用して特定の場所から情報を盗んだり、特定の場所のコンピュータを止めてしまったりするような「攻撃」から守るという活動のことです。 2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催では世界中の注目を浴びる日本でサイバー攻撃が増えると予想されています。私たちは普段パソコンを使ったり使わなかったり、時々換気のために窓を開けたり閉めたり、インターネットを積極的に使っている時間は短いかもしれません。サイバー攻撃を受ける確率も非常に低いのではないかと思いがちです。 しかし、ウイルスを含んだメールはそこら辺を飛び回っている、という風に考えた方が良いのです。 パソコンでもスマホでも、電気さえ入っていれば、自動的にインターネットに接続しています。いつでもサイバー攻撃を受ける可能性がある、という時代になりました。 専門家だけでなく、すべてのIT利用者は自分の身を守るすべを考え、実践することが重要ですね。