~ 一般ページ
最近のスマホには様々な「スマホ中毒」対策が出てきています。

スマホ中毒というと、スマホから手が離せなくなり、食事や勉強(仕事)にも 支障をきたすということですが、 このような利用者を保護するという動きは、中心的な企業が自ら社会的責任を果たすという意味あいが強いようです。
また、ブランドイメージにも影響すると考えているようです。

スマホの一日の利用時間を制限したり、特定のアプリだけ制限したり、先週との比較をしたり、様々な画面表示で スマホの使いすぎを知らせてくれるようになりました。
もっとも、中毒にならないためには利用者が意識を持つことも重要です。
スマホを手にする時に、目的を意識するようにして、スマホが自分の行動の主役になってしまわないように 注意することも必要でしょう。