~ 一般ページ
人口の都市への集中が進む中、地方の企業は人手不足にさいなまされているとききます。 都市に出た若者は地方に就職しようと思っても、そこまで出向く「足」がネックになっていることもあるといいます。 そこで、そのような若者の負担を減らそうと、「インターネットで面接を」という企業が出始めているというニュースが有りました。 スカイプのようにテレビ電話のような(画像と音声での)面接を行なって、移動時間や経費の負担を減らせる試みはいかにも時代を感じます。 このような事ができるようになった背景も重要ですね。 画像と音声を高速で大量に通信できるようになったこと、通話する双方のセキュリティ情報が適切に保護されることなどの技術の進歩が可能にしていることも忘れてはいけないと思いました。