~ 一般ページ
ブロックチェーンという言葉は、一時「ビットコイン」に代表される「仮想通貨」で大いに耳にするようになりました。(「仮想通貨」は最近は「暗号化資産」というらしいです)

ブロックチェーンという考え方は、日本語では「分散型台帳」といい、インターネットに保管されている情報の価値を、それを持っている全員が同じ台帳を持って管理します。 自分の情報の価値を変更するには、全員の台帳を書き換えなければなりません。これで不正を防ぎ価値を保証しようというものです。

この考え方はお金に限らず、情報全般について安全性を高めるというので、他の方面に広がってきています。

情報の安全性が問題になる昨今では標準的な技術の一つになっていくのかもしれません。