~ 一般ページ
世の中、アルファベット文字が横行しております。
なんだかかっこいい感じもしますが、覚えきれないと嘆く向きもあります。

IoTは「すべてのものがインターネットに繋がる」ということで、何しろ沢山のものにセンサーが つけられて、位置や動き、明るさや匂い、温度や湿度など、それぞれ必要とされるデータがインターネットを 通して利用されるということです。

一方5Gは無線を使ったインターネット通信の規格、第5世代ということで、
超大容量(ものすごい数)、超高速(ものすごい速さ)、超低遅延(ものすごい反応スピード) が特徴になっています。

これらが、普及される頃には、社会の風景が変わるのかもしれません。