~メニュー~

デンマークの思い出~個人主義など 2021-09-10(金)

2019年夏から2020年初夏まで、デンマークのフォルケホイスコーレという成人向け学校に留学してきました。滞在中と帰国してからしばらくは、あまりの文化、歴史の違いと社会の仕組みの違いに自分が完全にリセットされてしまい、ただただ、毎日の生活と授業に必死でついていくといったところでした。

昨年は2月に始まった新型コロナ危機が3月にはヨーロッパに広がり、デンマークがロックダウンするという経験まですることになりました。幸か不幸かそのために得られた膨大な自分の時間を本当に何十年かぶりに考えたいことのために思う存分使うことができました。それを帰国してから1年以上かけて読み返し考え直して日々気づくことが出てきたというところです。

3kmほど歩くと教会がある 海を臨む墓地が美しい 数回訪れた

記録を読み返しながら、いつも思い至るのは、デンマークの個人主義ということです。個人主義というとなんだか他人のことはおかまいなし、自分のことだけを優先させる、そんなイメージを持っていたのですが、向こうで出会った学生、先生、地域の人たちはおおむね寛容で、気遣いがあり、よく話し、楽しむ人々でした。つたない会話でも話をすれば、自分と同じような感情を持ち、ご近所付き合いをし、集い、良い人生を送ろうとする、そういう意味では自分と変わらない人たちだと感じます。ですから、個人主義の先進国と言われているデンマークがこの滞在を通して自分の勘違いを教えてくれたのだと強く思います。

帰国して改めてフォルケホイスコーレの授業や集会の内容を振り返ってみると、面白いことに気づきます。「自分」の捉え方です。自分が良い人生を送るために、勉強し、考え、行動し、責任を持てということなのですが、良い人生がコミュニティにあるということも同時に主張します。その根底にある平等観は興味深いものでした。つまり、自分が自由にしているためには相手の自由も保証されなければならない。人の扱い・扱われ方がどんな時も差別されてはならないというのが基本でした。みんなが納得するような日本の平等観と自分が差別しないというデンマークの平等観、結果的には同じようなことかもしれませんが、ここから広がる社会システムや民主主義はだいぶ違う色になるのかもしれません。

街に3軒あるスーパーの一つ。回転自動ドアが印象的。右の赤いボックスは無料新聞がおいてある。話題を知るにはよかった。
↓ ブログの購読はこちら ↓
«  ||  »

~投稿記事~

入力は楽に、まとめるのも楽に 2021-09-25(土)

~ピボットテーブル(表計算)~ 世の中デジタル化!と勢いがいい昨今ですが、デジタル化というのは何でも[…続きを読む]

アイコンの中に表示? 2021-09-19(日)

スマホではホーム画面というのがあって、そこにアイコンが並んでいるのが標準的です。そのアイコンをタップ[…続きを読む]

スマホの写真をパソコンで見るには… 2021-09-11(土)

スマホで撮影した写真を加工したり、印刷したり、そして保管するにはやっぱりパソコンが便利と思います。画[…続きを読む]

デンマークの思い出~個人主義など 2021-09-10(金)

2019年夏から2020年初夏まで、デンマークのフォルケホイスコーレという成人向け学校に留学してきま[…続きを読む]

メールの整理・管理について 2021-09-06(月)

毎日、何十通も届くメール、便利な半面わずらわしいと思うこともあります。毎日時間を決めてメールをチェッ[…続きを読む]